就業規則の作成は、HOP CONSULTINGにお任せ!相談・依頼は「お問合せ(メール)」より

心に働きかけ、行動に変化を。

5月10日はミスチルの誕生日(28周年)名言歌詞紹介ページはこちら!

【おすすめ名言・座右の銘】ミスチル天才桜井さんの歌詞は15点?エロい?元気が出る?共感響く?

笑っている男の子の写真
ご注意
本記事は「永遠のβ版」で不定期更新です。
(最終更新日:2020年11月4日)
【ミスチル TV出演情報/地上波での出演は6年ぶり!】
・11月25日 ベストアーティスト2020 「The song of praise」(フルVer)
・11月30日 news zeroにて櫻井翔さんと桜井和寿の特別対談
・12月2日 FNS歌謡祭
・12月31日 紅白歌合戦

ミスチルの「歌詞」は「元気が出る」「メタファー・暗喩」「共感する」「韻踏んでる」と言われその類まれな歌詞も魅力の一つと言われています。
そういえば有名故か、2015年には名曲「抱きしめたい」の歌詞が「ぬくもり」という演歌でほぼ丸々パクられたりしたこともありましたね。

さて、(歌詞掲載サイト情報によれば)Mr.Childrenは、現在(2020年7月5日時点)235曲発表していますが、その中から、個人的にオススメの歌詞を紹介したいと思います。気になる歌詞、聞いてみたい曲があれば、YouTube:Mr.Children Official Channelで探して聞いてみて下さい。

言わずもがな「歌詞」だけじゃなくて取り上げた歌詞の前後や曲全体を「音楽として聞くこと(曲として聞くこと)」で、より深く味わうことが出来るはずです。

元気が出る・ポジティブ系

悩んだ末に出た答えなら 15点だとしても正しい

Mr.Children「CENTER OF UNIVERSE」より

どんな不幸からも 喜びを拾い上げ
笑って過ごす才能を誰もが持ってる

Mr.Children「CENTER OF UNIVERSE」より

イライラして過ごしてんなら 愛を補充

Mr.Children「CENTER OF UNIVERSE」より

良い事があってこその笑顔じゃなくて
笑顔でいりゃ 良い事あると思えたら
それが良い事の 序章です

Mr.Children「PADDLE」より

明日に向かっていきてくんだって
ただじゃ転びやしませんぜって 非常事態ってやつも歓迎です
ニシエヒガシエ
必死で 猛ダッシュです

Mr.Children「ニシエヒガシエ」より

今 僕のいる場所が 探してたのと違っても
間違いじゃない きっと答えは一つじゃない
何度も手を加えた 汚れた自画像に ほら
また12色の心で 好きな背景を描きたして行く
また描きたして行く

そのすべて真実

Mr.Children「Any」より

今日はゾウ 明日はライオンてな具合に
心はいつだって捕らえようがなくて
そんでもって自由だ

Mr.Children「I’LL BE」より

当り障りの無い 道を選ぶくらいなら
全部放り出して コンプレックスさえもいわばモチベーション

Mr.Children「I’LL BE」より

いつも心にしてたアイマスクを外してやればいい
不安や迷いと無二の親友になればいい

Mr.Children「I’LL BE」より

信じていれば夢は叶うだなんて口が裂けても言えない
だけど信じてなければ成し得ないことが
きっと何処かで僕らの訪れを待っている

Mr.Children「Prelude」より

切り札を隠し持っているように思わせてるカードは
実際は何の効力もない
だけど捨てないで持ってれば
何かの意味を持つ可能性はなくない

Mr.Children「幻聴」より

背中を押す・励ましてくれる系

誰かにとっての完璧(パーフェクト)は
誰かにとっての不完全
違う場所から覗いた景色は
こんなにも こんなにも
素敵なもので満ちてる

Mr.Children「君と重ねたモノローグ」より

もうちょっと もうちょっと
頑張ってみるから
ねえもっと ねえもっと
いい事があるかな
今日は雨振りでも いつの日にか

Mr.Children「雨のち晴れ」より

長く助走をとった方が
より遠くに 飛べるって聞いた

Mr.Children「星になれたら」より

どんな人にだって心折れそうな日はある
「もうダメだ」って思えてきても大丈夫
もっと強くなっていける

Mr.Children「足跡~Be Strong」より

夢見てた未来は
それほど離れちゃいない
また一歩 次の一歩 足音を踏み鳴らせ!
時には灯りのない
孤独な夜が来たって
この足音を聞いてる 誰かがきっといる

Mr.Children「足跡~Be Strong」より

閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
きっと きっとって 僕を動かしてる
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしたい
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

Mr.Children「終わりなき旅」より

難しく考え出すと 結局全てが嫌になって
そっとそっと 逃げ出したくなるけど
高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな
まだ限界だなんて認めちゃいないさ

Mr.Children「終わりなき旅」より

誰の真似もすんな 君は君でいい
生きる為のレシピなんてない ないさ

Mr.Children「終わりなき旅」より

胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように
いつも今日だって僕らは動いてる
嫌なことばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

Mr.Children「終わりなき旅」より

時々 上手に
息抜きしながら
身をかわしながら
行こうぜ

Mr.Children「PADDLE」より

過去は消えず
未来は読めず
不安が付きまとう
だけど明日を変えていくんなら今
今だけがここにある

Mr.Children「ヒカリノアトリエ」より

大量の防腐剤
心の中に忍ばせる
晴れた時ばっかじゃない
湿った日が続いても腐らぬように

Mr.Children「ヒカリノアトリエ」より

「甘い夢だ」と誰かがほざいてたって
虎視耽耽と準備をしてきた僕だから
きっとうまくやれる
行こうぜ

Mr.Children「PADDLE」より

新しい希望を見つけよう
フラスコの中 飛び込んで
どんな化学変化を起こすか
ずっと ゆすっていこう It’s OK
ゆけ 荒れ狂う海原の上
未来へと 手を突きだして
もしかしたらずっと何も起こんないかも
でも 永遠のぱどリング
ただ ただ 明日へとパドリング

Mr.Children「PADDLE」より

降り注ぐ日差しがあって
だからこそ日陰もあって
そのすべてが意味を持って
互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても
光を感じれるよ

Mr.Children「GIFT」より

End of the day どのくらいの価値があるんだろう?
End of the day 今の自分に

Oh No! Oh Yes!
あと一歩のとこまで きっと来てる
そうやって言い聞かせて
もっと もっと
輝ける日は来る きっと来る
もう少し そう信じて
Oh No1 Oh Yes!
本当はもう掴んでて 届いてて
気付いてないだけ
もっと もっと
羽ばたける日は来る きっと来る
とりあえずそう信じて
あと少し そう信じて

Mr.Children「End of the day」より

僕らは思っていた以上に
脆くて 小さくて 弱い
でも風に揺れる稲穂のように
柔らかく たくましく 強い
そう信じて

Mr.Children「かぞえうた」より

生まれたての僕らの前にはただ
果てしない未来があって
それを信じてれば 何も恐れずにいられた
そして今僕の目の前に横たわる
先の知れた未来を
信じたくなくて すこしだけあがいてみる
いつかこの僕の目の前に横たわる
先の知れた未来を
変えてみせると この胸に刻みつけるよ
自分を信じたなら ほら未来が動き出す
ヒッチハイクをしてる 僕を迎えに行こう

Mr.Children「未来」より

自己啓発・生き方系

手に入れたものと引き換えにして
切り捨てたいくつもの輝き
いちいち憂いていれるほど
平和な世の中じゃないし

一体どんな理想を描いたらいい?
どんな希望を抱き進んだらいい?
答えようもないその問いかけは
日常に葬られてく

Mr.Children「HANABI」より

考えすぎで言葉に詰まる
自分の不器用さが嫌い
でも妙に器用に立ち振る舞う自分は
それ以上に 嫌い

笑っていても
泣いて過ごしても平等に時は流れる
未来が僕らを呼んでる
その声は今 君にも聞こえていますか?

Mr.Children「HANABI」より

滞らないように 揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら

Mr.Children「HANABI」より

鏡に映った自分の
嫌なとこばかりが見えるよ
恵まれてる 違う誰かと
比べてはいつも 諦めることだけが上手くなって

それでも前を向けたのは
君と重ねたモノローグが
孤独な夜を切り裂きながら この心強くするから

(一般的に「モノローグ」とは独白を意味します)

Mr.Children「君と重ねたモノローグ」

僕を閉じ込めていたのは
他でもない僕自身だ
その悔しさと その希望に気付かせてくれたのは君

Mr.Children「君と重ねたモノローグ」

無意識が悟った通り 僕は僕でしかない
いくつになっても 変われなくて

Mr.Children「Birthday」より

なら 息絶えるまで駆けてみよう 恥をまき散らして
退きどきだと言うなかれ素人! まだ走れるんだ
息絶えるまで駆けてみよう 恥をまき散らして
胸に纏う玉虫色の衣装を見せびらかしていこう

Mr.Children「ランニングハイ」より

目の前のリングが有刺鉄線でも
そこに立つチャンスをそっと狙ってるんだよ
逆転勝ちをしてる光景を目に浮かべ ニヤリ
いつか君にみせよう 戦闘服のカウントスリー

Mr.Children「one two three」より

一歩 また一歩 確実に進む
そんなイメージも忘れずに

Mr.Children「幻聴」より

どうせ駄目ならやってみよう
数え切れぬ絶望を味わった夢を追う旅人
この人生をまっとうせよ
誰のものでもないと図に乗って しくじって
そんで今日もまた神頼み

Mr.Children「旅人」より

言い訳せずに実行せよ
正当化せず答えを探そう

Mr.Children「旅人」より

出口の無い自問自答 何度繰り返しても
やっぱり僕は僕でしかないなら

どちらに転んだとしても それはやはり僕だろう
このスニーカーのヒモを結んだなら さぁ行こう

Mr.Children「優しい歌」より

君は君で 僕は僕 そんな当たり前のこと
何でこんなにも簡単に 僕ら
見失ってしまえるんだろう?

Mr.Children「掌」より

あるがままの心で生きようと願うから
人はまた傷ついてゆく
知らぬ間に築いていた自分らしさの檻の中で
もがいているなら誰だってそう
僕だってそうなんだ

Mr.Children「名もなき詩」より

絶望、失望(Down)
何をくすぶってんだ
愛、自由、希望、夢(勇気)
足元をごらんよきっと転がってるさ

Mr.Children「名もなき詩」より

あるがままの心で生きられぬ弱さを
誰かのせいにして過ごしている
知らぬ間に築いていた自分らしさの檻の中で
もがいているなら
僕だってそうなんだ

Mr.Children「名もなき詩」より

諦めること
妥協すること
誰かにあわせて生きること
考えてる風でいて
実はそんなに深く考えていやしないこと
思いを飲み込む美学と
自分を言いくるめて
実は面倒くさいことから逃げるようにして
邪にただ生きている

Mr.Children「himawari」より

変わらないことがあるとすれば
皆 変わってくってことじゃないかな?

Mr.Children「進化論」より

進化論では首の長い動物は
生存競争の為にそのフォルムを変えてきたと言う
「強く望む」ことが世代を超えて
いつしか形になるなら この命も無駄じゃない

Mr.Children「進化論」より

日常・哀愁(別れ)系

新しい何かに挑戦することだけが、なんとなく凄くて価値のあるものということではなく、ありふれた日常の中にも、価値があるということを教えてくれます。

ただいま
おかえり

Mr.Children「彩り」より

ただ目の前に並べられた仕事を手際よくこなしてく
コーヒーを相棒にして
いいさ 誰が褒めるでもないけど
小さなプライドをこの胸に 勲章みたいに付けて

Mr.Children「彩り」より

僕のした単純作業が この世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく

Mr.Children「彩り」より

なんてことのない作業が 回り回り回り回って
今 僕の目の前の人の笑い顔を作ってゆく

口がすべって君を怒らせた
でもいつの間にやら また笑って暮らしてる
分かったろう
僕らは許し合う力も持って生まれてるよ

Mr.Children「口がすべって」より

昨夜見たテレビの中
病の子供が泣いていた
だからじゃないがこうしていられること
感謝をしなくちゃな

Mr.Children「空風の帰り道」より

悔やんでも 嘆いてても
時間は過ぎてしあむから
花や草木に習い僕ら
黙って手を振ろう

今日の日が終わる
また必ず会える
「さよなら」は悲しい響きだけど
僕が言えば愛の言葉

Mr.Children「空風の帰り道」より

何かに つまずいた時は
空に手をかざしてみよう
この風は きっとどこかで君と
つながってるから

Mr.Children「星になれたら」より

さようなら 会えなくなるけど
さみしくなんかないよ
そのうちきっと 大きな声で
笑える日が来るから
動き出した 僕の夢 高い山超えて
星になれたらいいな

Mr.Children「星になれたら」より

複雑に混ん絡がった社会だ
組織の中で ガンバレ サラリーマン
知識と教養と名刺を武器に
あなたが支える 明日の日本

Mr.Children「every body goes ~秩序のない現代にドロップキック~」より

参考書よりも正しく
マンガ本よりも楽しい
そんなLa La La そんなLa La La
探してる 探して

太陽系より果てしなく
コンビニより身近な
そんなLa La La そんなLa La La
探してる

簡単そうに見えてややこしく
困難そうに思えてたやすい
そんなLa La La そんなLa La La
探してる 探してる

Mr.Children「ラララ」より

問題提起系

何もかも思い通りになったとしても
すぐ次の不満を探してしまうだろう
決して満たされない 誰かが傷付いても

いつでも微笑みを
そんな歌が昔あったような
今こそ その歌を
僕達は歌うべきじゃないかなぁ

Mr.Children「いつでも微笑みを」より

争い続ける 血が流れている
民族をめぐる紛争を 新聞は報じてる
分かってる 「難しいですね」で
片付くほど簡単じゃないことも

誰もがみんな大事なものを抱きしめてる
人それぞれの価値観 幸せ 生き方がある
「人の気持ちになって考えろ」と言われてはきたけど
想像を超えて 心は理解しがたいもの

Mr.Children「口がすべって」より

ひとつにならなくていいよ
認め合うことができればさ
もちろん投げやりじゃなくて
認め合うことができるから
ひとつにならなくていいよ
価値観も 理念も 宗教もさ
ひとつにならなくていいよ
認め合うことができるから
それで素晴らしい

Mr.Children「掌」より

削り取られて 切り捨てられて 安売りされたあげく価値落として
首を傾げて 異議を唱えてもこれが現実と押さえ込まれた
天国と地獄しかない時代で 地団駄踏んで縮かんだ手をねじ込んだ
ポケットの中握りこぶし 今日も痛み隠し

慌てないで ほら1、2の3の きっかけで飛ぶんだ清水の舞台
氏名住所血液型なんて 皆忘れていいんだ 君をすっとばせ

Mr.Children「ロックンロールは生きている」より

時代とか 社会とか
無理にでも敵に仕立てないと
味方を探せない 愉快に暮らせないよ

Mr.Children「ランニングハイ」より

前倣え 右へ倣えの欲望
気が付けば要らんもんばかり まだ間に合うかなクーリングオフ

Mr.Children「ランニングハイ」より

富を得た者はそうでない者より
満たされてるって思ってるの!?
障害を持つ者はそうでない者より
不自由だって誰が決めんの!?
目じゃないとこ
耳じゃないどこかを使って見聞きをしなければ
見落としてしまう
何かに擬態したものばかり

Mr.Children「擬態」より

左の人 右の人
ふとした場所できっと繋がってるから
片一方を裁けないよな
僕らは連鎖する生き物だよ

Mr.Children「タガタメ」より

子供らを被害者に 加害者にもせずに
この街で暮らすため まず何をすべきだろう?
でももしも被害者に 加害者になったとき
かろうじて出来ることは
相変わらず 性懲りもなく
愛すこと以外にない

Mr.Children「タガタメ」より

殺人現場にやじうま達が暇つぶしで群がる
中高生達が携帯片手にカメラに向かってピースサインを送る

犯人はともかく まずはお前らが死刑になりゃいいんだ
でも このあとニュースで中田のインタビューがあるから
それ見てから考えるとしようか

(中田:中田英寿選手、元プロサッカー選手)
(中田が「香川(香川真司選手、プロサッカー選手)」に替え歌になったことも…)

Mr.Children「LOVEはじめました」より

この街の中で押し合いへし合い 僕らは歩いてく
多少の摩擦があっても 擦れずに
心を磨いて行くなんて出来るかなぁ

Mr.Children「LOVEはじめました」より

要求に合わせて変えられるスタイル
柔軟なとこが長所さ 履歴書のとおり
違う視点で見れば自分がないだけ
そこを指摘されりゃ 異論はないや

Mr.Children「WALTZ」より

暗喩・表現凄い系

イライラした母親はもの分かりの悪い息子の手を引っ張って
もう何個も持ってるでしょ!?と おもちゃ屋の前で声を上げている
欲しがっているのはおもちゃじゃなく愛情で
拒んでるのも「我慢」を教えるための愛情で
人目も気にせず泣いて怒って その親子は愛し合っているんだ

Mr.Children「横断歩道を渡る人たち」より

優しさの死に化粧で
笑ってるように見せてる

Mr.Children「himawari」より

想い出の角砂糖を
涙が溶かしちゃわぬように
僕の命と共に尽きるように
ちょっとずつ舐めて生きるから

Mr.Children「himawari」より

飲み込んで 吐き出すだけの 単純作業繰り返す自動販売機みたいに
この街にボーっと突っ立って
そこにあることで誰かが特別喜ぶでもない
でも僕が放つ明かりで 君の足元を照らしてみせるよ きっと きっと

Mr.Children「Workds end」より

一番きれいな色ってなんだろう?
一番ひかってるものってなんだろう?

Mr.Children「GIFT」より

↑オリンピックのテーマソングの出だしで、「一番きれいな色ってなんだろう?」で歌い始めるのって何気に凄い気がする…。

白と黒のその間に
無限の色が広がっている
君に似合う色探して やさしい名前をつけたなら
ほら 一番きれいな色
今 君に贈るよ

Mr.Children「GIFT」より

この素晴らしい 煩わしい気持ちを
真空パックしておけないもんかなぁ

Mr.Children「Drawing」より

チューインガムの味のように
消えてなくなったりしないでよ
甘い想いが膨らみだしてる
注意深く そして狂おしく
君の感触を噛み締めよう
everything is a taste of you

Mr.Children「Marshmallow day」より

「光」「夢」「微笑み」さようなら
「闇」「絶望」「悲しみ」こんにちは
商品に適さぬと はじき落とされて
ベルトコンベヤーからのスカイダイブ

一人そしてまた一人 はじかれて
繰り返される審査(テスト)に離脱者は増える
ショーウィンドウに並ぶのは一握りだけ
指をくわえて見てるなんか嫌

Mr.Children「WALTZ」より

青春・恋愛系

タンデムシートに座って歌っている君の声が
背中越しに小さく響いてる
調子外れの下手くそな歌だけど
この声だ その響きだ 一番好きな音は

Mr.Children「ひびき」より

見つからなかった探し物はポケットに入ってました。と
幸せなんかおそらくそんな感じでしょ!?って
君の声は教えてくれる

Mr.Children「ひびき」より

喧嘩しても 仲直りして そうやって深まってけばいい
幸せなんか そこら中いっぱい落ちてるから
欲張らずに拾っていこう

Mr.Children「ひびき」より

君に会いたい 君に会いたい
何していますか 気分はどう
君に会いたい 君に会いたい
愛しています 君はどう

Mr.Children「常套句」より

泣いたり笑ったり
不安定な想いだけど
それが君と僕のしるし

Mr.Children「しるし」より

「同じ顔をしてる」と
誰かが冷やかした写真
僕らは似ているのかなぁ?
それとも似てきたのかなぁ?

Mr.Children「しるし」より

君が好き 分かっている 馬鹿げている
でもどうしようもない
目覚めた瞬間から また夢の中
もうずっと君の夢を見てんだ

Mr.Children「365日」より

例えば「自由」
例えば「夢」
盾にしてたどんなフレーズも
効力(ちから)を無くしたんだ
君が放つ稲光に魅せられて

「ひとりきりの方が気楽でいいや」
そんな臆病な言い逃れはもう終わりにしなくちゃ

Mr.Children「365日」より

君が好き
僕が生きるうえでこれ以上の意味はなくたっていい

Mr.Children「君が好き」より

どうしようもなく急に一人になりたい時があり
屋上で月を眺めてた
君に思いが強く向くほど 臆病になるのが分かって
素直には認められなくて
(愛情のないふりをしたり)
(嫌いになる努力をしたり)
でも 君が僕につき通してた 嘘をあきらめた日
それが来るのを感じたんだ

*()内はap bank fesでのアレンジver.

Mr.Children「and I love you」より

未熟な情熱を 何の保証もない明日を
信じて 疑って 足がすくんでも
まだ助走を続けるさ 今日も
一緒に超えてくれるかい 昨日を
もう一人きりじゃ跳べない
君が僕を軽くしてるから
今ならきっと照れないで
歌える 歌える 歌える
I love you
and I love you
and I love you

Mr.Children「and I love you」より

君が涙を流すのを遠くで見てた
なんせ 君はまだ僕の恋人じゃない

そんな時の為に洗い立てのハンカチを持ち歩くよ
さりげなく差し出す用意して待つよ

Mr.Children「運命」より

愛はきっと奪うでも与えるでもなくて
気が付けばそこにある物
街の風に吹かれて唄いながら
妙なプライドは捨ててしまえばいい
そこからはじまるさ

Mr.Children「名もなき詩」より

恋なんて言わばエゴとエゴのシーソーゲーム

Mr.Children「シーソーゲーム」より

友人の評価はイマイチでもShe So Cute

Mr.Children「シーソーゲーム」より

↑シーソーゲームの「シーソー(She So)」とも韻踏みです。

人生をフルコースで深く味わうための
幾つものスパイスが誰もに用意されていて
時には苦かったり
渋く思うこともあるだろう
そして最後のデザートを笑って食べる
君の側に僕は居たい

Mr.Children「HERO」より

例えば誰か一人の命と
引き換えに世界を救えるとして
僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ

愛すべきたくさんの人たちが
僕を臆病者に変えてしまったんだ

Mr.Children「HERO」より

でも”愛してる”とは違ってる
ちっぽけなプライドも遠慮もいらない
束縛やヤキモチはちょっぴりあるけど
燃えるような恋じゃなく ときめきでもない
でもいいじゃない 
それもまた一つの Love…Love…Love…

Mr.Children「LOVE」より

10年先も 20年先も 君と生きれたらいいな
悲しみを連れ 遠回りもしたんだけど
探してたものは こんなシンプルなもんだったんだ

Mr.Children「Simple」より

喧嘩した時には欠点でもあんだけど
自分に正直で遠慮の無いとこにひかれんのさ
互いに背負った傷をいつしか
ちょっとはにかんで交換し合えたならいいな

Mr.Children「Simple」より

運命の人って思ったりして 思い違いかなって迷ったりして
大きなシーソーの上で右往左往する
Friendじゃ辛いけどThe ENDになるくらいなら
あわてなくていいや。。。
また明日 また明日

Mr.Children「I’m talking about Lovin’」より

有効期限までそう時間もないぜ僕の大事なone-way- ticket
伝えたいのはONE WORD
ONE WORD…

I like you.I love you.

Mr.Children「I’m talking about Lovin’」より

エロい系

たまに無頓着な言葉で汚し合って
互いの未熟さに嫌気がさす
でもいつかは裸になり甘い体温に触れて
優しさを見せつけ合う

似てるけど どこか違う だけど同じ匂い
身体でも心でもなく愛している

Mr.Children「Sign」より

顔のわりに小さな胸や

Mr.Children「Over」より

↑36枚目のシングル「ヒカリノアトリエ」に収録されている「Over」の中で「顔のわりに小さな胸」の歌詞についての本人談があります。

目の前を颯爽と歩くその女のスカートはひどく短くて
ついつい目が奪われてしまう 強い風でも吹かぬものかと

Mr.Children「横断歩道を渡る人たち」より

予報にないのに降り注ぐ
スコールのような君への想い
時には自分を戒める
いやらしい妄想をして
自分を慰めたあとで

Mr.Children「運命」より

上京して3年 彼女にすりゃ chance
地道なダイエットの甲斐もあって
カメラの前で悩ましげなポーズ
そして ベッドじゃ 社長の上に跨がって

Mr.Children「every body goes ~秩序のない現代にドロップキック~」より

「愛してる」って女が言ってきたって
誰かと取っ替えのきく代用品でしかないんだ
ホック外してる途中で気付いていたって ただ腰を振り続けるよ

Mr.Children「フェイク」より

部屋に着くともう僕らはガラス窓閉め切って
エアコンのない君の部屋で ただ夢中になってた

流れ出したモノでシーツが濡れてしまって
君はゴミでも捨てるように洗濯機に入れた

Mr.Children「こんな風にひどく蒸し暑い日」

たった0.05ミリ
合成ゴムの隔たりを
その日 君は嫌がった
僕は それに応じる

Mr.Children「隔たり」より

韻踏み系

韻踏み系は沢山あるので、少しずつ載せていきたいと思います。
(下線部分が韻を踏んでいると言われているところです)

クタクタんになった後も愛を補充
君へと向かう恋の炎が燃ゆる
隣の家のレトリバーにも「ハイ ボンジュール」

Mr.Children「CENTER OF UNIVERSE」より

僕のラブレター読んだのなら

壁の破れた映画のポスター

ついにフラれた

Mr.Children「my life」より

僕らは雑草
でも逆の発想

108の煩悩
底知れぬ本能

*天頂バス=店長 イントロ中のセリフ(へいらっしゃい・まいどー)
      曲の転調

Mr.Children「天頂バス」より

Oh darlin 君は

Oh darlin 僕はノータリン

でもdarlin 共に悩んだり

Oh darlin このわだかまり

Oh darlin物語

Mr.Children「名もなき詩」より

嘘を信じていく
またしてもフェイク

Mr.Children「フェイク」より

ほっぺたから横隔膜まで誰かを呪ってやるって気持ち膨らまし

Mr.Children「フェイク」より

↑「ほっぺた(ツラミ)横隔膜(ハラミ)呪ってやる(ウラミ)」という韻踏み。ちなみにほっぺたも横隔膜も膨らませるものですね。

Copyright© HOP CONSULTING , 2020 All Rights Reserved.