就業規則の作成は、HOP CONSULTINGにお任せ!相談・依頼は「お問合せ(メール)」より

心に働きかけ、行動に変化を。

5月10日はミスチルの誕生日(28周年)名言歌詞紹介ページはこちら!

【小説家になろう】異世界転生転移・最強チート・スローライフ・ファンタジーおすすめ10選

 
角川ブックス「セカサブ4巻」の表紙
この記事を書いている人 - WRITER -
HOP CONSULTING
人事・労務コンサルタント(社会保険労務士)、経営コンサルタント(中小企業診断士)。福岡生まれだが熊本育ちのため、性格は典型的な「肥後もっこす」。 「ヒト」と「組織」の問題解決(人材教育・育成や組織変革)を専門とする。 また、商社時代に培った経験から財務・会計にも強く、人事面のみならず財務面からの経営アドバイスも行う。 他にも社会保険労務士、中小企業診断士や行政書士など難関国家資格を含む20個の資格にフルタイムで働きながら1発合格した経験を生かし、資格取得アドバイザーとしても活動中。
詳しいプロフィールはこちら

【引用:アイキャッチの画像は、カドカワBOOKSのHP掲載の「元・世界1位のサブキャラ育成日記 4 ~廃プレイヤー、異世界を攻略中!~」(著者:沢村 治太郎、イラスト:まろ)の表紙のスクリーンショットになります
※個人的に今一番更新を楽しみにしている作品なので、「アイキャッチの画像」にさせて頂きました。

前回の記事「小説家になろう」とは?の続きとして、異世界転生転移・最強チート・スローライフ、ファンタジー系の作品を中心に実際に読んで面白かったおすすめの作品10選を紹介したいと思います。

「小説家になろう?」「なろう系?」「異世界転生?転移?」等々、興味がない方は、ここで遠慮なくウィンドウを閉じちゃって構いません!

おすすめ作品の紹介にあたっては、以下のWriterのバックグラウンドをご理解の上、参考にして頂けると幸いです。

【Writer(私)のバックグラウンド】
・幼少期から少年ジャンプで育ったので「友情・努力・勝利」や「熱血、正義、バトル」と言ったキーワードは好きです。
・漫画やアニメも嗜みますし、RPG(ドラクエ・FFシリーズ)やSGL(コーエーシリーズ)を中心にゲームもやるので、「レベル・ステータス・剣・魔法・スキル(技)」と言ったキーワードを好みます。
・但し、いずれに関してもライトユーザーで、マニアックなことはあまり分かりません

目次

異世界転生転移・最強チート・ファンタジー・スローライフなどから、おすすめの作品10選

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは「小説家になろう」に投稿されている作品でおすすめの作品を紹介していきます。

なお、【完結済】とは小説家になろう(WEB版)上での「完結」という意味です。コミックや書籍版(ハードカバー)は現在進行中のものがほとんどですので、別途ご確認下さい。

【 注意事項 】
おすすめする作品はあくまで著者個人の趣味・感想によるものです。
読んでみたけど面白くなかった等のクレームは受け付けませんので、何卒ご了承願います。
また、作品の紹介にあたり、小説の概略や一言コメントを掲載していますが、基本説明下手でうまく伝わらないと思いますので、個人的には実際に作品を読まれてみることを強くお勧めします(笑)。

【完結済/異世界転生】転生したらスライムだった件(伏瀬)

プロローグ

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。
意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!
え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。
出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?
そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。

引用:「転生したらスライムだった件」のプロローグ/「小説家になろう」より

概略

・略して「転スラ」。コミックやアニメでご存知の方も多いのでは?
・異世界転生ものです。転生してスライムになります。
・魔物を食べる(吸収)することで、スキルを覚え強くなります。ちなみに、武器やアイテムも体内で生成可。
・基本、人間や魔物と仲良く暮らしたいと願ってますが、敵対勢力(人間や魔族・魔王)との絡みもあり戦いに巻き込まれていきます。
・【参考】アニメ化・コミカライズ化・書籍化済み

一言コメント

・漫画(コミック)を読んだことで、「小説家になろう」というサイトを知ることになった想い入れのある作品。
・コミックを読破後に、「小説家になろうのWEB版」を読んだため、登場するキャラの顔がイメージできたので面白さ倍増で楽しめました。
・アニメ化もされていて、第2期の放送(2021年1月スタート)も決定しています。

作品への移動はこちらから!
▶︎▶︎ 「転生したらスライムだった件」

【完結済/異世界転移】デスマーチからはじまる異世界狂想曲(愛七ひろ)

プロローグ

アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を手に入れた彼のする事は、異世界「観光」?
 3人の獣娘(2章登場)、紫髪美幼女&黒髪美少女(3章登場)、無口エルフ&奇行金髪美女(5章登場)達と旅する日々と、様々人々との出会いを描く物語です。たまに魔物や魔王との戦闘もありますが、基本はほのぼのファンタジーです。

引用:小説家になろう掲載「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」のプロローグより

概略

・最強・チート、ハーレム系主人公。普段から柔和な態度で目立つことを嫌うため、嫌悪感を抱くことはほぼないが、感情の起伏があまりないので能面みたいな印象を持つ方もいるかも…。
・チートを活かして世界を物見遊山するスローライフ系。
・仲間に対しては非常に甘く、強力なチート装備を与えるなど過保護。
・周りを女性メンバーに囲まれるハーレム状態ではあるが、主人公は保護者の立場で接するのでアダルト要素はなく至って健全。
・仲間が段々と強くなり活躍し、周りからも認められていく成り上がり要素もあり(最初は奴隷のちに貴族になる)。同時に主人公も爵位が段々上がっていく。
・【参考】アニメ化・コミカライズ化・書籍化済み

一言コメント

・総PV数は10億を突破するほどの人気作だが、アニメは転けた(低評価)と言われている。(スローライフ、ほのぼの作品と割り切って見る分には大丈夫かと)
・主人公がチート級の強さなので、熱い戦いというのはほぼ皆無。日常回や旅(物見遊山)での出来事をまったり楽しんだりする人向け。

作品への移動はこちらから!
▶︎▶︎ 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )」

【更新中/異世界転生(+VRMMO)】元・世界1位のサブキャラ育成日記 ~廃プレイヤー、異世界を攻略中!~(沢村治太郎(合成酵素))

プロローグ

略してセカサブ。

 ――世界1位は、彼の「人生」だった。

 中学も高校もろくに通わず、成人しても働かず、朝昼晩とネットゲーム。たかがネトゲに青春の全てを費やし、人生まるごと賭けちゃった男は、世界ランキング1位に君臨していた。
 そんな彼が、ひょんなことから異世界へと転生してしまう。
 その世界は、なんと彼の愛したVRMMORPG“メヴィウス・オンライン”にそっくりだった。
 しかし、彼の転生した姿は、過去に作成したきり放置していたサブキャラクター“セカンド”……まだなんの育成もしていない倉庫キャラクター。
元・世界1位の廃プレイヤーが、ネトゲそっくりの異世界へと生まれ変わる。それは、途轍もない伝説の幕開け。
 ぽんこつ女騎士、ちっちゃな猫獣人、冷淡なダークエルフなど、大勢の個性的な仲間と共に、彼の「世界1位」を取り戻す育成が今始まる――。

引用:/小説家になろう掲載「元・世界1位のサブキャラ育成日記 ~廃プレイヤー、異世界を攻略中!~」のプロローグより

概略

・死んだらゲームの世界に転生した話。
・現世でのゲームの実力(元・世界ランキング1位)と知識もあり、(徐々に強くなっていくとは言え)最初からほぼ俺TUEEEE系。
・魔法や技が出てくるが、その設定が非常に細かく考えられている。
(発動時間や発動後の硬化時間まで考えられている)
・俺TEEEE系主人公だけど、「誇り」や元・世界一としての「こだわり」を持っておりナイスガイ。
・ストーリーが練り込んであり、痺れる展開が多い。
・各話のタイトルが回文。
・【参考】コミカライズ化・書籍化済み

一言コメント

・実際に同じゲームがあるかのように、魔法や技の設定を考えており本当に感心するレベル(クオリティ)。それこそ、著者一人で新しいゲームを作れるのではないかと思う。
・ストーリーが秀逸で、伏線含め、キッチリ回収してくれる。

【更新中/異世界転生】ヘルモード ~やり込み好きのゲーマーは廃設定の異世界で無双する~(ハム男)

プロローグ

山田健一は35歳のサラリーマンだ。やり込み好きで普段からゲームに熱中していたが、昨今のヌルゲー仕様の時代の流れに嘆いた。

そんな中、『やり込み好きのあなたへ』という謳い文句のサイトに惹かれ、ヘルモードの異世界に転生をすることになる。
この物語は召喚士アレンによる、なろう小説王道ファンタジーである。

アレンは農奴に転生したため、この世界について何も知らない。
10年前、20年前ゲームショップで手に取ったゲームソフトのように、
どんなゲームかも分からない状態から、アレンの物語は始まっていくのであった。

引用:小説家になろう掲載「ヘルモード ~やり込み好きのゲーマーは廃設定の異世界で無双する~」のプロローグより

概略

・異世界転生もの。召喚士として転生し、赤子からんスタート。
・ヘルモード(一番難しい難易度)で始まるため、周りの人達と比べレベルやスキルの上昇に膨大な経験値が必要となるが、その分レベルアップした時の恩恵も大きい(召喚士のスキルが有能など)。
・これと言った説明もなく転生することになるため、主人公がイベントが発生する毎(ex.経験値やスキルの入手、スキルの効果等)に検証、分析を行うと言ったやり込み好きの様子も上手く描写されている。
・一人だけヘルモードという状況下でありながら、ゲーム脳ならではの効率化を図り、次第に強くなっていくお話。
・【参考】コミカライズ化済み

一言コメント

・序盤から、レベルアップに数年の時を要すなど、タイトルの「ヘルモード」の名にふさわしいストーリー構成となっている。
・ヘルモードの見返りに、召喚士という特殊な職業でその難易度さを補っている。他の職業(剣聖や勇者)より優れた部分(能力やスキル)があると言った感じで、完全無欠の職業という訳ではない。

【更新中/異世界転生】転生して田舎でスローライフをおくりたい(錬金王)

プロローグ

働き過ぎて気付けばトラックにひかれてしまう主人公、伊中雄二。
「あー、こんなに働くんじゃなかった。次はのんびり田舎で暮らすんだ……」そんな雄二の願いが通じたのか、彼は神様と出会い異世界の田舎へと転生することになる。田舎貴族の次男アルフリート=スロウレットとして新たな生をうけた彼は、楽しくのんびりと田舎でスローライフを送る?

引用:小説家になろう掲載「転生して田舎でスローライフをおくりたい」のプロローグより

概略

・主人公が田舎でとことんスローライフを送る話。主人公のグータラさが最高。
・自身の身体を動かずに物を動かしたり、「とにかく異世界では楽がしたい」という想いがこれでもかと込められた作品。
・父母、姉や兄、友人たちとの掛け合う日常回が中心。
・現世のアイデアを異世界に持ち込むが技術や文化が急激に発達しない程度に自重した物が多い。
・【参考】書籍化、コミカライズ化済み。

一言コメント

・そこそこの身分に生まれ衣食住に苦労しない生活を送りながら、得意の魔法を使ってひたすらスローライフ(楽をしようとする)をするお話です。
・日常回を中心に、たまに旅をして新しい文化や食べ物(味噌や醤油)に触れたりしますが、凶悪な敵との戦いなんてものは皆無です。(ある意味、姉が凶悪な敵かもしれません…)

作品への移動はこちらから!
▶︎▶︎ 「転生して田舎でスローライフをおくりたい」

【更新中/ファンタジー】アルマーク ~北の剣、南の杖~(やまだのぼる)

プロローグ

戦乱の絶えない北の大地で傭兵団の一員として生きてきた少年アルマークが、父との約束に従って平和な南の魔法学院に入学します。

長い旅の末にたどり着いた学院での生活は、今まで自分がいた世界とは全く異質なものでした。

そのあまりのギャップに、アルマークは戸惑うことばかり。

しかし失敗を重ねながら、仲間や先生の助けを借りて、徐々にその才能の片鱗を見せていきます。

引用:小説家になろう掲載「アルマーク ~北の剣、南の杖~」のプロローグより

概略

・北で過ごした少年(傭兵・剣を扱う)が、南の魔法学院に通う話。
・魔法学院に通うとは言っても、魔法オンリーではなく剣を扱う場面(武術大会や敵との戦い)もあり、剣と魔法のバランスが上手く取れている。
・学院(学校生活)特有の話(武術大会、実習、演劇など)を交えつつ、より大きな敵(ex.世界の敵)との絡みもある。
・登場人物の個性が光っている(一人一人がキャラ立ちしている)

一言コメント

・ストーリーやセリフが秀逸で、キャラクター一人一人の個性がよく出ている(特にクラスメイト)。
・そのため、主人公以外のキャラクターもカッコ良く、泣ける場面も多々ある。
・個人的には旧タイトル「北の傭兵の息子が南の魔法学院に入学する話。」の方が、ひと目見て内容が想像できるので好きでした。(シンプル過ぎて、逆に読者の関心が向きずらかったのかもしれませんが…)

作品への移動はこちらから!
▶︎▶︎ 「アルマーク ~北の剣、南の杖~」

【完結済/コメディ】偽・聖剣物語 ~幼なじみの聖女を売ったら道連れにされた~(溝上 良)

プロローグ

【勇者アリスターは、聖剣■■■■■■を扱い多くの人々を救った伝説の勇者である。そんな彼と常に共にあったのが、聖女マガリ。二人は底なしの優しさと慈愛の精神で、たとえ自分たちがどれほど危険な目に合おうとも困難や理不尽に苦しむ人々を救ってきた。この書は、史上最高の勇者と聖女と名高い二人の伝説を記したものである】

 『聖剣伝説』まえがきより抜粋。

幼なじみのマガリが聖女に選ばれた。
 これから、王都で誰にも笑顔を振りまき、マナーとかダンスとか恐ろしく堅苦しい世界で生きていかなければならないらしい。
 生まれてからずっと一緒にいたんだ。やはり、思うところはある。
 俺は一抹の寂しさを感じつつ……何が何でも逃げ出そうとしていた幼なじみを羽交い絞めにして迎えに来た騎士に突き出した。
 「アリスタあああああああああああ!!」
 怨嗟の声が聞こえたけど気のせい気のせい。

 最後の悪あがきで王都まで見送りに付き合わされる……が、とくに何もなく無事終わる。
 「じゃあ、俺は帰るから。頑張ってな^^」

恨みがましい目を向けてくる幼馴染に背を向けて帰路に着いた俺は……ゴブリンに追い掛け回されていた。
 「いやあああああ!! 誰か助けてえええええええええ!!」
これは、性格が最低な勇者と聖女が全力で脚を引っ張り合いつつ幸せな生活を追い求める勘違い英雄伝説である。 

引用:/小説家になろう掲載「偽・聖剣物語 ~幼なじみの聖女を売ったら道連れにされた~」のプロローグより

概略

・大枠でいえば勇者(+聖剣)と聖女が世界を救う物語。
・でも、その中身は勘違いのオンパレード。基本は自分の欲望に忠実?に行動し本心から来る行動ではなく、見栄や見た目を気にしての行動が多いが、結果として人々を救うこととなっている。
・結果として上手く救った形になっているけど、本心は凄いというか酷い。そんな性格が最低な勇者と聖女、そして比較的真面目な聖剣が描く物語。
・3人(勇者、聖女、聖剣)のやり取りが面白くてハマる。
・【参考】書籍化、コミカライズ化済み。

一言コメント

・コメディーものはほとんど読まないのですが、ある時ふと目に止まって読み出したら思いの外面白かった作品。
・勘違いが結果として上手くストーリーとして纏まっていてストーリー構成が巧みだなと思う。
・きちんと完結している点も高評価。

【更新中/VRMMO】出遅れテイマーその日ぐらし(棚架ユウ)

プロローグ

国産初のVRMMORPG『Law of Justice Online』。佐々木優太は400倍を超える倍率の中、奇跡的に初回出荷分に当選していた。
夢にまで見たVRMMORPG。これはもうスタートダッシュを決めてやるしかないでしょ! 念願のテイマーを引き当てた優太――ユートは、意気揚々とLJOの大地に降り立つのだが……。
あれ? 俺のモンスター、戦闘力が皆無ってどういうことだ? 農夫? いえ、ノームです。でも、農夫で間違いありません。第一歩でつまづいたユートの明日はどっちだ。
(VRMMO風の作品です)

引用:小説家になろう掲載「出遅れテイマーその日ぐらし」のプロローグより

概略

・「VRMMO」とは「仮想現実大規模多人数同時参加型オンラインゲーム」の略。
・主人公の職業はテイマー。モフモフ癒し要素もあり。
・主人公はバリバリのゲーム攻略組という訳ではなく、ゲームそのものを楽しむスタンスのプレイスタイル。
・通常のプレイヤーとは斜め上をいく行動を取ることが多いため、攻略組では発見出来ないような隠れイベントやアイテム、称号などを得ることが多い。また、自分しか知り得ない情報を独り占めして秘匿することなく公開するため、攻略組(トッププレイヤー)とは別の意味で注目を集めているキャラ。
・通常回(VRMMO攻略)とは別に掲示板回もある。通常回に出てきたキャラクター達がゲームのことや主人公、主人公がテイムしたモンスター等に関して色々と議論する場面もあり、物語の背景を補う良いスパイスとなっている。
・【参考】書籍化、コミカライズ化済み。

一言コメント

・テイムするモンス(モンスター)が個性的で可愛い。
・チート系主人公とは違いめちゃくちゃ強い訳ではない。
・しかし、参加型のイベントやレイド戦などで、貴重な情報を提供したり、貴重なアイテムを惜しみなく使ったりするので、それ相応の活躍を見せる。
・主人公のモンス愛が留まるところを知らず、テイム・モンスに対する投資(設備やイベント等で稼いだポイントの注ぎ込み)が半端ない。

作品への移動はこちらから!
▶︎▶︎ 「出遅れテイマーのその日ぐらし」

【えたった?/ラブコメ】絶対的な高嶺の花、学園最強のアイドルは俺の幼馴染で通い妻。(卯月緑)

プロローグ

昼は最強のアイドル。夜は甲斐甲斐しい通い妻。
二つの顔を持つ彼女は、主人公と生まれたときから付き合いのある筋金入りの幼馴染だった。

誰もが羨むような幼馴染を持つ主人公。
しかし彼はあまりに美しく成長しすぎた幼馴染にコンプレックスを感じ、これから彼女とどう付き合っていけばいいのか迷っていた。

幼馴染の彼女は彼の悩みに気付きつつも、今日も明るく彼に笑いかける。
いつか自分とまっすぐ向き合ってくれることを信じて。
恋のライバルたちはそんな主人公を振り向かせることが出来るのか。そして二人の恋の行方はどうなるのか。

引用:小説家になろう掲載「絶対的な高嶺の花、学園最強のアイドルは俺の幼馴染で通い妻。」のプロローグより

概略

・幼馴染み物のラブコメ。
・一時期なろう系で流行った幼馴染物、ラブコメですが、他の同系統の作品とは一線を画す作品で、ありそうでなかったラブコメと言った感じ。
・ラブコメ物はとりあえずイチャイチャ、甘々させておけば良いと言った感じの作品が多いのですが、この作品は感情表現が複雑でかつ、品のある作品に仕上がっているのが特徴。

一言コメント

・表現が難しいのですが、「ラブコメなんだけど、ただのラブコメじゃない」という印象が強く残っています。
・高校生、幼馴染みというあり触れた設定にも関わらず、感情表現が巧みでついついのめり込んで読んでしまう作品。
・続きを楽しみにしていた作品でしたが、2019年9月25日の更新を最後に止まっています。

【更新中/スポーツ+ラブコメ】サッカーと恋愛 〜普通に生きてきた俺が、ある日サッカーをした事がきっかけで、超美形の兄妹から惚れられてしまうお話〜(カロリーゼロ)

プロローグ

サッカー国士無双話。
ちょっと人とは変わった所があれども、概ね平凡な一般人である佐田明が、ある日、球技大会でサッカーをした事がきっかけで、学校のヒーロー&ヒロインである滋賀兄妹から注目され、アプローチを受ける話。

引用:小説家になろう掲載「サッカーと恋愛 〜普通に生きてきた俺が、ある日サッカーをした事がきっかけで、超美形の兄妹から惚れられてしまうお話〜」のプロローグより

概略

・帰宅部である主人公が中学校の球技大会をきっかけにサッカーを始め、最終的には日本代表のトップ下として活躍する話。(現段階では中学校編、高校生編までしか進んでいません)
・主人公にはちょっと特殊な能力があります。
・話の合間合間に「未来のインタビュー」と称して主人公達の逸話(アフターストーリー、こぼれ話)が紹介されているのも、主人公達がこれからどう成長していくだろうという先を期待させる内容となっている。

一言コメント

・更新頻度は遅いものの、非常に先が気になるストーリー。
・トップ下の主人公とFWの滋賀(兄)がお互いが思い描く最高のプレーが出来た時の感動や連帯感が上手く描けている。
・「サッカーと恋愛」というタイトルですが、最新話(2020年10月28日更新)まではサッカーの話が主体です。

その他のおすすめ作品

おすすめの10作品には入らなかった次点の作品を幾つか紹介。

【後衛職もの】

「世界最強の後衛」
一言コメント:異世界転移もの。後衛職(支援職)にスポットライトを当てた作品。レベルを上げつつ徐々に強くなっていくが、時折レベルに見合わない強敵・難敵に出会うも、仲間と共にそれを超えていくと言ったドキドキするスリル感も味あわえる作品。
「元・世界1位のサブキャラ育成日記」と同じく、作中のスキル(技)の設定が細かい。

【水属性もの】

ファンタジー(剣と魔法)の世界では、炎や雷が強力な属性として扱われることが多いですが、水属性にフォーカスした2作品。どちらの作品も、最初は弱いながらも、その後の創意工夫と努力(鍛錬)によって強くなるお話。

「信者ゼロの女神サマと始める異世界攻略」
一言コメント:異世界転移もの、ハーレム要素あり。最初は異世界転生組の中でも、落ちこぼれと呼べるほど弱かった主人公だったが、女神の助けと修練を重ねたことで、かなりの強さを発揮するようになるお話。書籍化、コミカライズ化済み。

「水属性の魔法使い」
一言コメント:最初の頃(序盤)と比べて、主人公のキャラが変わっている(幼くなっている)ことが若干気になるが、主人公と王太子との掛け合いも含め面白い作品。第一部完で、第二部の開始待ち。書籍化済み。

【テレビアニメ放映中(2020年10月期)】

「くまクマ熊ベアー」
一言コメント:現在、テレビアニメ放映中。「熊の着ぐるみ」を着た女の子がスローライフを目指しつつ、時に人助けや戦闘等で活躍するお話。熊の着ぐるみ(くま設定)がチート扱い。

「神達に拾われた男」
一言コメント:現在、テレビアニメ放映中。運悪く39歳で一生を終えた主人公が異世界転生して、スライムをテイムしたり、剣や魔法で活躍したり、お店を経営したりするお話。

小説を読むのが辛い方は、アニメで楽しむのも有り

上記関連記事でも触れている通り、「小説家になろう」は、出版社ともうまく連携が取れているので、面白く人気のある作品は、書籍化やアニメ化に繋がりやすいというのも一つの特徴です。

そんな中、今は「Amazon prime」「Hulu」「Netflix」「dアニメストア」など動画配信サービスが乱立していることもあり、自宅で簡単にアニメの視聴もできます。

小説を読むのはきつい、読書は苦手と言った方は、気楽に見られるアニメで楽しむのも一つの方法です。

原作(小説)を上手く表現出来ていないアニメもある

ただ、一つだけ注意して頂きたいのが、原作がアニメ化されるほど人気のある作品だったとしても、アニメ化したものが必ずしも面白いとは限らないということです。
アニメ化された作品の中には「原作をぶち壊している」「原作は面白かったのに、アニメ化したものは全然面白くない」と言ったように酷評されるケースもしばしばあるからです。

まず、アニメ化される場合、小説の内容を1クールであれば12話、2クールであれば24話といったボリュームにまとめなければなりません。
12話乃至24話の中で、大小含めた起承転結や「盛り上がり(クライマックス)」と言ったものを盛り込まなければならないのですが、ストーリーを上手くまとめ切れないと、話が唐突に始まり、そして唐突に終わるみたいな感じになり視聴者を惑わせることもあります。
また、キャラクターや背景のデザインの丁寧さ、声優の合う合わないなどによっても評価は大きく変わってきます。
例えば、社会現象となっている「鬼滅の刃」は、ストーリーもさることながら、キャラクターや背景が丁寧に描かれているのも、高評価になっている一因だと思います。
(制作費用が安かったり、技術不足の会社が作ったアニメは、キャラがぶれていたり(顔などのバランスが安定していない)、デザインが雑だったりします)

アニメの方で楽しむ場合は、そうしたマイナスの面もあることを覚えておいて下さい。
但し、「アニメの出来が悪い」からと言って「原作(小説)もきっと悪い作品なのだろう」ということにはならないので、その点ご注意下さい。

まとめ

基本、自己啓発・ビジネス書、小説と言ったラインナップを読んでいたため、いわゆる「小説家になろう」作品が属する「ライトノベル」というカテゴリーに 分類される本を読み始めたのは、ここ2年ほどの間です。

「ライト(light)」という言葉がついている通り、一般の小説よりも読みやすいのが特徴です。また、風景描写、心情描写よりも「台詞(セリフ)」中心で構成される作品も多いため、スムーズに読めるものが多いです。

難しい言葉や分かりにくい表現をあまり使わないと言うことも特徴の一つだと言えますが、作品によっては結構、難しい漢字を使ってあったり、辞書を調べないと意味が分からない用語や表現を使う作品もありますのでその辺りは都度Web辞書などで調べながら読むことをおすすめします。
(特に生産系を扱う作品だと、知らない用語が多数出てくる)

さて、一部えたっているかもしれない作品もありましたが、「小説家になろう」作品の中から、異世界転生・転移、最強チート、ファンタジー、スローライフ系を中心におすすめの10選を紹介しました。
割と有名所の作品が多いので「なろう作品」初心者の方以外は、あまり参考にならなかったかもしれませんが、この中で興味のある作品があれば是非読んでみて下さい。

【 注意事項 】
おすすめする作品はあくまで著者個人の趣味・感想によるものです。 読んでみたけど面白くなかった等のクレームは受け付けませんので、何卒ご了承願います。
この記事を書いている人 - WRITER -
HOP CONSULTING
人事・労務コンサルタント(社会保険労務士)、経営コンサルタント(中小企業診断士)。福岡生まれだが熊本育ちのため、性格は典型的な「肥後もっこす」。 「ヒト」と「組織」の問題解決(人材教育・育成や組織変革)を専門とする。 また、商社時代に培った経験から財務・会計にも強く、人事面のみならず財務面からの経営アドバイスも行う。 他にも社会保険労務士、中小企業診断士や行政書士など難関国家資格を含む20個の資格にフルタイムで働きながら1発合格した経験を生かし、資格取得アドバイザーとしても活動中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© HOP CONSULTING , 2020 All Rights Reserved.